なかがわ STAFF BLOG

18トリソミーってどんな病気?

大津市瀬田のなかがわ指圧治療院 院長の中川 好章です。

 

本日もブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今日は「18トリソミー」という病気について書きたいと思います。

20190523_121129_0000

 

18トリソミーとは?

18トリソミーはエドワード症候群とも呼ばれ、先天性の染色体の異常となります。

染色体は、パパ、ママから一本ずつ受け取り23組(合計して46本)の染色体ができあがるのですが、この23組ある中の18番目の染色体が通常2本のはずが、何らかの原因で3本になってしまうことにより、様々な症状が発症する疾患を18トリソミーと呼ばれています。

 

ちなみに、21番目の染色体の数が3本になってしまうことを21トリソミーでダウン症と呼ばれる疾患になります。

 

18トリソミーの発生率

資料により異なりますが、6000~8000人に1人の確率で起こっており、比較的、女児に多く見られる疾患とされています。

 

18トリソミーの症状

・心臓の疾患がある

 

・体が小さく、頭も小さいことから脳の低形成を伴う。

よって、発達の遅延と運動障害がある。

 

・耳の位置が低いところにある

 

・顎が小さい

 

・手の指を曲げた状態で重なりあっている 「オーバーラッピングフィンガー」と呼ばれています。

 

・性器の異常もみられることがあり、男女の判断が難しいこともある。

 

・血管の位置が正常位置にない

 

これらの症状により、流産や死産の確率も非常に高く、生まれてきても半数以上が1週間以内に亡くなり、1歳を迎えることが非常に難しい疾患です。

 

今回なぜ18トリソミーの紹介をしたか

現在、当院のマッサージを受けておられる患者さんは、脳性麻痺、筋ジストロフィー、ダウン症の方がほとんどです。

18トリソミーの患者さんがおられるかと言うと、おられません。

それでは、なぜ18トリソミーのことを紹介したかと言うと、

 

今度うちに生まれてくる赤ちゃんが、18トリソミーの可能性が高く、 こんな病気があることを1人でも多くの方に知ってもらいたいからです。

 

上記であげた症状は、先日、検診に行った際、異常箇所が次々と判明し、たんたんと医師から伝えられました。

今までの検診では、

・心臓の壁に1箇所小さな穴が開いていますね

 

・頭の大きさが少し小さいですね

 

・まだ小さいからどうなるかわからないですよ

とは言われていたのですが、

 

今回は医師が替わり、

・心臓は2箇所開いてるね

・小脳の低形成 ・顎も小さいね

・手の指は両手とも握ってるね

・男の子か女の子、どっちか聞いてます?

女の子って聞いてますが…

いや、これどっちかわからんね

・こんなとこに普通血管ないけどな

・18トリソミーでしょうね

・良いところは、背骨と骨盤はきれいかな

と、

腎臓はちゃんと2つあるね ぐらい。

 

1時間弱のエコーでの診察、 妻はよく耐えたと思います。

 

決して医師を恨んでいる訳ではありませんが、妻が1人で受診していた場合を考えると残酷すぎる。

 

産まれてくるかはわかりせんが、何となくこの子が、私達のところを選らんで来てくれたのかな~?とも思っています。

「この身体をマッサージで何とかしてよ」って。

 

今週も別の先生の診察があります。

今は、妻の支えになりたい。

ただそれだけです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

2019.5.28

大津市瀬田 音楽を楽しむイベントに参加!

大津市瀬田のなかがわ指圧治療院です。

 

 

久しぶりの投稿となりました…。

 

先日、当院近くの「NPO法人 BRAH=art.」(ブラフアート)さんが開催された”音と在る日”のイベントに参加してきました。 _20190513_115906

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BRAH=art.(ブラフアート)とは?

BRAH=art.(ブラフアート)さんでは、障がいがある方の支援をされていますが、その活動を通じて、これまで支援される側であった障がい者が、地域社会を支援する側になるという活動を展開されています。

 

音と在る日

当院の患者さんでも、音楽が好きなお子さんは多いです。

最近は音楽に特化した放課後デイもあるそうで、通われている方もおられます。

そんな中、今回のイベントの告知にもあったのですが、

発達障害や精神障害があることで、音楽を楽しめる場所を探すことが難しいい人がいる。

そんな人たちが、音楽だけに浸れる場所を提供したいという想いで開催された今回のイベント、第1回目です。

 

_20190513_145035

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サックス、フルート、ギター、打楽器等の音楽に合わせて、それぞれが持ち寄った鳴物でリズムを作る。

もちろん手拍子でも大丈夫。

 

皆さん、楽しい表情をされ、あっという間の1時間でした。

 

近い将来、音楽の中に身をゆだねることができる福祉事業所を創りたいという素晴らしい夢を持っておられ、今後が楽しみです。

 

第2回目は、秋頃を予定されているそうですので、ご興味ある方はぜひ!

 

BRAH=art.さんのホームページはこちら↓

https://brah-art.jimdo.com/

 

 

当院へのお問い合わせメールはこちらから

http://nakagawa-shiatsu.com/script/mailform/inquiry/

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

2019.5.13

 

 

 

ママのチカラになりたい

大津市瀬田のなかがわ指圧治療院です。

当院では、産後ママの骨盤矯正を始めました!

 

なぜ産後ママの骨盤矯正を始めたか?

元々、障がいを持った子ども達へのマッサージをしている中で、子ども達の体が動いてくればママもパパも喜んでくれる。

一人を治療すればその家族が笑顔になってもらえることが私の幸せでした。

そんな中、当院に通われている子育てを終えられた女性の患者さんがこんな事を言われました。

 

この患者さんは、股関節の痛みで当院に通われているのですが、「なんで、こんな痛いんやろ…。今思えば、出産後にムリしたもんな。痛いなんて言うてられへんたし、ケアどころではなかったわ。産後にしっかりケアしといたら今こんな痛い思いをせんでも良かったんかな…」。

 

私の妻を見ていてもそうですが、ママの存在は特別だと感じています。

子どものためなら自分の体を犠牲にしてまで子育てに一生懸命なママ。

そんなママのチカラになりたい!

この思いでママリュクス式の産前産後ケアを学んできました。

ママリュクスの代表 宮田先生は、子ども大国フランスのように、産前産後ケアを当たり前の世の中にしよう!と本気で取り組んでおられます。

宮田先生の熱い思いのこもった技術を私の生まれ育った大津市瀬田に持ち帰ってきました。

・産前産後で肩こり、腰痛に悩んでいる

・長時間の抱っこで腕がつらい

・体のダルさで家事がつらい

・妊娠前に履いていたスカートがはきたい

こんな悩みのあるママはぜひ当院の施術を受けてください!

「ママの笑顔は子どもの笑顔」

当院へのお問い合わせメールはこちらから

http://nakagawa-shiatsu.com/script/mailform/inquiry/

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

2019.1.22

今年の抱負

あけましておめでとうございます。

大津市瀬田のなかがわ指圧治療院です。

皆さんは、お正月をどのように過ごされていますでしょうか。

私は3日間、朝にお雑煮を作っていました。

DSC_1045

お正月ぐらいは、女性にゆっくりしてもらおうという気遣いから、我が家では代々、お正月の三が日は当主がお雑煮を作ることになっています。

私がやりだしてから早や15年になりました。

祖父も父もやっていたことなので、引き継いでやっていますが、お正月だけ???

今年も子ども達の治療はもちろん、ママ達のお役に立てる治療も広げて行きたいと思っていますので、お正月だけでなく普段からも家事をお手伝いしていこうと決めました!

 

 

新年は、5日(土)より営業いたします。

DSC_1046

今年もなかがわ指圧治療院をよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

当院へのお問い合わせメールはこちらから

http://nakagawa-shiatsu.com/script/mailform/inquiry/

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

2019.1.3

マッサージ前の準備

大津市瀬田のなかがわ指圧治療院です。

我が家の子ども達はサンタさんからもらったプレゼントに大喜び。

DSC_1044とびっきりの笑顔をプレゼントしてもらいました。

妻からもマグボトルのプレゼントをもらい、二重の喜びです!

ありがとう!

 

クリスマスが終わり、次はお正月の準備で、神棚に飾るしめ縄を作っています。

しめ縄を編むのは簡単で、すぐに編めるのですが、編むための準備に手間がかかります。

 

わらを刈り取って束ねた状態はこんな感じ。

DSC_1038

 

 

 

 

 

 

 

これをきれいにするとこんな感じになります。

DSC_1041

量もかなり少なくなります。

これで編みやすくなるので作業がスムーズに進みます。

 

 

 

 

 

出来上がりはこんな感じです。

DSC_1042わらをきれいにする作業は地味なので、色々なことを考えながら作業をしていたのですが、これって子ども達のマッサージにも適するなと思いました。

 

子ども達をマッサージする前の準備。

すごく簡単なことなので実践してみてください。

ただ、マッサージをする前に「触っていい?」「マッサージしていい?」と子ども達に声を掛けて確認することです。

大人だって急に体に触れられるのはいやですよね。

「うわっ、ビックリした!」というスイッチが入ると、その後は不快でしかありません。

子ども達は更に繊細です。特に脳性麻痺などで筋肉の緊張が強い子には、急に触ると更に緊張が強くなる子もいますので、マッサージ後の効果も異なってきます。

中には、「先生、うちの子まだ言葉が分からないです」と言われるお母さんもおられるのですが、大丈夫です。子ども達は雰囲気を感じているので言葉が分からなくても必ず一声かけてあげてください。

このマッサージ前の準備で効果を高めていきましょう。

 

当院は29日で仕事納めとさせて頂きました。

1年間ありがとうございました。

今年最後の患者さんは、1歳の男の子。

今日出会ったお子さんを含め、今年もたくさんの子ども達にマッサージをすることができました。

来年も子ども達、そしてご家族のお役に立てればと思っていますので、変わらぬご愛顧をお願い致します。

新年は5日(土)からの営業です。

皆さま、良いお年をお迎えください。

 

当院へのお問い合わせメールはこちらから

http://nakagawa-shiatsu.com/script/mailform/inquiry/

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

2018.12.30